読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断乳2日目

夜中愚図ることが2回ほどありましたが、抱っこしてお茶を飲ませてあげたらスヤスヤ寝てしまいました。
もっとギャン泣きするかと思っていたのに意外な展開です。
日中も時々手が胸に忍び込まされることもありましたが授乳していた時より執着していない感じです。
すごく我慢してくれているのか、無ければ無い過ごせることに気づいてくれたのかは分かりません。
日中も沢山笑ってくれていたので悲しい気持ちではないと信じたい。

新しい生活を考えての断乳
なのに、もし風邪を引いた時はおっぱいがあったほうが良かったのかな?とパンパンに張ったおっぱいを搾乳しながら、また授乳する口実を考えてしまいました。
息子は私の都合に合わせて頑張ってくれているのに、なんて意思の弱い母なんだろう。
一歳になるまでじっくりと母乳育児が出来たことは幸せだった、ということを忘れずこの断乳を乗り越えたいと思います。

好き嫌いが割と激しい息子なので、美味しい離乳食が作れるよう頑張ります。